フライヤーの基礎知識

フライヤー

フライヤーには様々なものがあります。その中でもどのようなフライヤーが目を惹いて購買に繋がるのでしょうか。効果的なフライヤーにするための基礎知識をまとめていきます。まず、フライヤー印刷にはデザインが重要です。

詳しく見る

フライヤーとチラシの違い

印刷機

フライヤー印刷ってチラシ印刷と何が違うの?徹底解説!

紙媒体のプロモーションツールのフライヤーですが、似たものとしてチラシがあります。実はこの2つには似ているようで違いもあるのです。違いを知るとより、自分に合ったプロモーション方法を選べますよ。まず、配布方法ですが、フライヤーの場合は店舗などでレジ横のスペース等に置きます。一方でチラシは新聞に折り込んだり、直接ポストに投函します。そのため、フライヤーは消費者が自発的に手に取り持ち帰る必要があります。チラシより高級感を持っていることや画像や写真を使うことで効果的に手にとってもらいやすくなるのです。チラシの場合は沢山ある同じようなチラシの中で、消費者の目に止まらなくてはなりません。フォントの大きさやキャッチコピー等文字でのプロモーションがカギとなります。紙質にはあまりこだわらなくても伝わる媒体です。また、大きさにも違いがあります。フライヤーの場合は持ち帰ることが前提になるので、あまり大きいと手に取りにくくなります。ですので、少し小さめが選ばれる傾向にあります。一方チラシの場合は沢山のチラシの中から目にとまる必要があるので、フライヤーに比べると大きくなる傾向です。そこでどちらを選んだらいいのかというと、何をプロモーションしていきたいのかで変わってきます。全面に打ち出したいのが店の雰囲気や印象であればフライヤー、安いことやキャンペーンなど実用的な情報であればチラシを選ぶといいですね。自分の店の強みを打ち出して、効果的なプロモーションをしていきましょう。