効果的なフライヤーとは

印刷機

どうせ作るのであれば効果的なフライヤーにしたいですよね。優れたフライヤーとはどのようなものでしょう。優れたフライヤーにするためのポイントをお伝えします。まず、1つ目は人間の視線の動きを意識するということです。横書きの文章であれば左上から右下へ、縦書きは右上から左下へと読んでいきますよね。自ずと、フライヤーを手にとった時に最初に目を止める場所は横書きか縦書きかによって決まってきます。読者が3秒で興味を持てなければ、そのフライヤーは不要と判断されてしまいます。最初に目を止める場所のタイトルやキャッチコピーは大切にしましょう。中心辺りには宣伝するものの詳細を載せ、下の方にはお店の情報を載せると流れがスムーズになりますよ。2つ目は、お店や商品のセールスポイントについてです。最近では「インスタ映え」という言葉が流行しているようにパッと見た時のオシャレ感が重要視される傾向にあります。しかし、そればかり優先してしまうと本当に伝えたい商品やお店の売りの部分が見えにくくなってしまいます。限られたスペースの中でも、ここが売りというポイントや、読み手が知りたい情報は載せておくようにしましょう。3つ目は2つ目のポイントと逆パターンで、情報を詰め込みすぎないようにすることです。サービスや商品の情報をもれなく紹介しようとしすぎて、文字ばかりになってしまうと単調で読みにくくなります。情報をより魅力的に伝えるためにもポイントを絞ってアクセントを付けるようにしましょう。これらのポイントを参考にフライヤー作りに役立ててみてください。